Beauty Face Care
このエントリーをはてなブックマークに追加

世田谷にある病院

世田谷区の内科はたくさんあります。そして風邪症状から通院が必要な病気など、幅広く対応をしています。しかし、初めて受診する場合は一度病院に問い合わせてから行くといいと思います。

» 詳細を確認する

症状を抑える薬

アレルギー症状を抑える薬

アレルギー性鼻炎はほこりやダニ、あるいは花粉といった何らかの刺激に免疫機能が過剰に反応し、それにより鼻の粘膜に炎症が起きる病です。 くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻の症状の他にも、人によっては耳鳴りなど耳の症状が生じる人もいます。 鼻と耳とは内部でつながっているので、鼻の粘膜の炎症により耳管と呼ばれる空気の通り道が狭まり、鼓膜の張りが弱まるためだと考えられています。 現在の耳鼻咽喉科における治療法としては、アレルギー性鼻炎の症状を抑える薬が処方されることが一般的です。 ただ副作用として眠気が現れることもあるのが欠点です。 効果が低い場合は徐々に薬物の量を増やしていきますが、眠気が気になるときや更に効果を出したいときは点鼻薬が処方されます。 アレルギー性鼻炎の症状を抑えるというのが、現在に至るこれまでの治療法です。

アレルギー反応を抑える薬

随分と報道されましたのでご存知の方も多いかと思われますが、近年、舌下免疫療法という全く新しい治療法が出てきました。 少量のスギ花粉のエキスを舌の裏にたらし、それを毎日続けることで過剰な免疫反応を正常に戻していくという方法です。 あえてスギ花粉のエキスにさらし続けることで、免疫反応を抑える役割を持つ制御性の細胞が増え、スギ花粉に対する過剰な攻撃が抑え込まれるようになったためだと考えられています。 ただ、残念ながらこの治療法にも欠点があり、3割ほど効果のあらわれにくい患者さんもいるようです。 また、数年にわたり滴下を続けなければならないことも難点です。 スギ花粉によるアレルギー性鼻炎に限らず、あえてアレルギー反応を起こすものを口にし、アレルギーを予防、あるいは治療するというのが最近出てきた考え方です。 今後さらに治療法の確立に向けて研究が進むものと思います。 ところで、自己流で自身がアレルギー反応を起こすものを口にすることは、とても危険ですのでお止めください。 専門医を受診することをお勧めいたします。

行徳周辺で腰痛治療

行徳にある腰痛を専門に行っている整体院では予約が必要ではありますが、患者一人一人に合った治療法を行う流れとなっています。またクリニック内は明るい雰囲気で通いやすい環境が整っているため、リピーターが多くいます。

» 詳細を確認する

定期的な検査

腎臓病のいち早く見つけるには、健康診断を定期的に受け尿や血液の検査をすることが大切です。腎臓の働きが低下してしまうと、筋肉から出来る老廃物が血液中に溜まります。

» 詳細を確認する

ページのトップへ戻る